猫の飼い方
リニューアルいたしました。

病院も探そう

 住居や設備という意味での環境の他に、健康面での環境作りも必要です。

 動物病院を見つけておく事は非常に大事です。特に赤ちゃんを迎える計画の場合、非常に重要なポイントです。人間でも同じですが、赤ちゃんは急に体調を崩すこともあります。また自宅の近くにどんな動物病院があるのかを知っておくことは、マイナス要素にはなりません。ペットの体調変化に気づき、いざ動物病院へと思っても、どこに動物病院があるのか知らないというのは非常に不安になる物です。

 動物病院によっては先生の得手不得手という物がありますし、非常に残念なことではありますが、動物病院を運営しているにもかかわらず動物の命を物のように扱う先生、知識を持っていて当たり前だと言わんがばかりで、こちらから聞いても病気・治療の内容という物の説明を一切してくれない先生もいます。こちらに知識があっても、薬一つ一つを確認するわけにも行きません。動物病院の選択は重要なポイントになります。
 まず、これをご覧になっている方はインターネットをお使いになれるわけですから、インターネット上の情報を集めてみると良いでしょう。その際のポイントですが「全ての評判を鵜呑みにしない」と言うことです。
 実は、今現在お世話になっている動物病院ですが、ネット上では「値段が高い」という意見がちらほらありました。しかし、実際には相場と言われている以上の金額を請求されたことはなく、むしろ安いぐらいです。

 さて、ネット上や電話帳などを使いある程度病院を絞り込めたら、次は実際に電話をしてみましょう。子猫の場合は予防接種の必要もあるので、予防接種や健康診断について問い合わせると良いでしょう。このとき電話応対が優秀である方が良い病院である可能性があります。言葉が丁寧なだけでなく、質問にきちんと答えてくれるか?、必要な情報を提供してくれるか?などです。説明がほとんど無いまま「とにかくつれてきてください」のような対応は、今後の治療に対しても説明をしてくれないタイプである可能性もあり、お勧めできない先生だと言えるかもしれません。

 子猫の時代は予防接種、健康診断、去勢・避妊手術など病院とは縁が切れませんで、あまり妥協せずに探しておくことが大切です。信頼できること、それが一番重要です。

 これは忘れてはならない事ですが、動物病院は人間と比べるとどうしても高価になります。これは保険の問題ですね。
 一昔前まではそりゃもう大変でした。20頃猫を飼っていたときは知識もなく、猫が手術しなければならなくなって、当時持っていたギター(当時20万以上したもの)など売りさばいた事があります。

 今はペット保険も非常に充実して、保険も使えるようになってきました。保険が使える病院という選択肢があっても良いかもしれません。