猫の飼い方
リニューアルいたしました。

ペット可物件に引越そう!

 ペット不可のマンションで猫を飼う人が増えてきていますが、やっぱりペット可物件の方が安心なのは言うまでもありません。近隣とのトラブル、契約上のトラブル等、良いことはありません。それにこっそり飼いをしている人も、「引っ越せるなら引っ越したい」、それが本音かもしれませんね。

 ですから、持ち家にお住まいの方以外は、まず「ペット可」物件に引っ越すことから始めましょう。「飼ってもいないのに引っ越すなんて…」とは考えないでください。

 猫に限らず飼い主の心情に敏感なペットは多いのです。安心して飼育できる状況、それが猫にとっても良い飼育条件の一つです。不動産屋さんにも「猫が飼いたくて引っ越すんです」とはっきり言いましょう。

 物件を探す際のポイントを上げるとすれば、「玄関ホールがある方がより良い」と「フローリング(板の間含む)は避ける」という点です。

 フローリングについては「実践!床強化術」を参照してください。  玄関ホールはについては、入り口を開けると台所があり、各部屋のドアになる…という構造よりは玄関と台所の間にもう一枚ドアがある(つまり玄関ホールがある)という構造の方が逃げ出す心配が軽減すると言うことです。絶対ではありませんが、物件探しの時に気にしてみてください。

 最近は賃貸・売買物件検索サイトでも、ペット可物件の検索ができるサイトがたくさんでてきました。ネット上で気楽に出来るので遊び半分で検索してみるのも楽しいかもしれませんね。

 ペット可といっても、種類(犬、猫、鳥、爬虫類など)や大きさ(小型・中型・大型)、頭数(二匹以上の場合)によって入居可能でない場合があります。
 また、退室の際の原状回復についてのトラブルとかもあるみたいなので、借りる前にきちんと確認し、不動産やさんや大家さんと納得するまで話をするのがいいと思います。

 また、ペット可と書いてなくても、交渉しだいでOKがでることもあるみたいです。
 ペット不可ともペット可とも書いていない場合、不動産やさんに相談してみるといいかもしれないですね。