猫の飼い方
リニューアルいたしました。

危ない!(キッチン・トイレなど)

 キッチン、トイレ、お風呂などは基本的に出入りさせない方が無難です。お風呂の残り湯を翌日洗濯などでご使用になるご家庭などでは、猫が落ちておぼれてしまうケースなども考えられます。十分に注意してください。

【キッチン】

・火を使うときは、必ずその場から離れないようにしましょう。
 猫が火のそばにいったり、鍋に手をつっこんだりすると大変なことになります。「熱いから手を出さない」という過信は禁物です。
・オーブンやオーブントースターは使用時に熱を発します。猫が触らないように注意しましょう。何かの弾みで上に飛び乗ることも。
・やかんや炊飯器など使用中に蒸気をだすものは注意。興味をもってさわることも。

・洗剤は舐めてしまうととても危険です。
・ゴキブリや虫にきをつけましょう。殺虫剤のかかった虫をもいるかもしれません。ホウ酸団子等もきをつけてください。

・包丁は手の届かないところにおきましょう。
・買ってきたばかりの物をだしっぱなしにしない様にしましょう。
 食材で遊んでしまうかもしれないし。かじってしまうこともあります。食材がだめになるだけでなく、ネギなど口にいれたら危険なものがあります。注意しましょう。

・生ゴミなど、たべちゃいけないものがあります。
・空き缶など、さわって手をきることも。

【お風呂・トイレ】

・浴槽にお湯をはっているときは必ずふたをしましょう。
・浴槽をあらう洗剤も危険です。
・石けんや入浴剤を使ったら中にはいれない様に心がけましょう。

・洗濯機のドアはあけっぱなしにしないにしましょう
・人間と入れ違いにするっと中に入ってしまうこともあります。

【ベランダ・その他】

・リードをつけずに放してしまうと、転落する可能性もあります。猫だからと言って過信は禁物です。
・リードでつないでいるときは、からまないように気を配ってあげましょう。首つり状態になることもあります。

・観葉植物や花は、猫がかじってしまうと中毒をおこすものがあります。また、殺虫剤をまいた植物をかじって、中毒を起こすこともあるみたいです。中毒をおこしてしまう植物はこちらにまとめてあります。
・観葉植物用の肥料や農薬にも注意してください。出しっぱなしにならないようにしまう場所を作っておきましょう。

・ゴキブリや虫にきをつけましょう。殺虫剤のかかった虫をもいるかもしれません。ホウ酸団子等もきをつけてください。

・車庫にはなしている場合は車のエンジンの暖機運転も要注意です。一酸化炭素中毒等になる事もあります。