猫の飼い方
リニューアルいたしました。

もう一つの避(不)妊と去勢

 避(不)妊・去勢の手術の内容や個体のメリットとデメリットと言う物の他にトラブルを回避するための避(不)妊・去勢手術という物があります。

○避(不)妊・去勢をされていない猫が放し飼いされた場合、野良猫を増やす・望まない妊娠を増やす等の弊害を生みます。
(雄猫の飼い主の場合、「出産という目に見えた状況がない」為に自覚できない方が多い様です)

○室内飼いの場合、最低年2回の発情期にニャァニャァと非常にうるさい声でなく(雌の場合)。雄の場合、スプレー行為などで家の中にマーキング行為を繰り返す。いずれのケースも、騒音と臭いの問題を近隣にまき散らします。

 このように近隣とのトラブルの回避という点でも、避(不)妊・去勢の必要性というものがわかると思います。

 「動物たちを人間の都合で避妊・去勢することは、動物愛護の観点から問題がある。自然の姿で飼うべきだ。」という考え方があります。確かに手術は危険を伴い、正常な体にメスを入れるという行為です。しかしながら、子供をとるつもりが無いのであるならば、深刻な病気の予防になり、「さかり」による騒音問題も解決できるのです。

 多頭飼いのケースでは飼い主の望まない交配・近親交配もさけられ、「捨てる」ということも避けられるのです。当然「放し飼い」のケースでは直接野良を増やさないためにも避妊・去勢は必須といえましょう。相当な財力・飼育施設・長期的な展望、それらがすべて整わない限り、「動物たちを人間の都合で避妊・去勢することは、動物愛護の観点から問題がある。自然の姿で飼うべきだ。」という考えを実行することは危険です。まず、個人の愛玩動物としての飼育では無理でしょう。

 子を取るにしても、事前に里親を捜し、里親になる方に避妊・去勢の必要性、ワクチンの必要性、飼育に対する心構えなどの確認、いつ子供を渡すのかなどの見極めが必要で、何よりも「絶対に捨てるという行為をしない」という事が大切です。