猫の飼い方
リニューアルいたしました。

猫の妊娠の基礎知識

 猫の妊娠について書いてみたいと思います。

 猫の性成熟時期はメス猫で生後約6ヶ月、オス猫で約8ヶ月ぐらいといわれます。また、短毛種より、長毛種のほうが少し遅くくることが多いようです。

 性成熟期を迎えればいつでも発情できる状態になるわけで、日本ではこの時期を迎え、最初の発情以前に避(不)妊・去勢手術をすませると良いとされます。

 成熟したメス猫は野生であれば基本的に春と秋、年2回の発情期があります。ただし、飼い猫の場合は年3回以上発情するケースは珍しくありません。

 メスが発情する仕組みは、実は日照時間が非常に深く関わっています。飼い猫は人間と共に明るい部屋で夜遅くまで過ごす事が多くなりがちです。つまり擬似的な日照時間が必然的に長くなります。この事により、野生での生活で半年間にすごす日照時間を満たすことで、短期間で発情してしまいます。

 オスにはメスとは違い定期的な発情期というものがありません。これは発情したメスに誘発されて発情する仕組みだからです。つまり周囲に発情したメスがいる限り年中発情することが可能です。

 猫の受精の確率は、交尾後に排卵することから100%に近いといわれています。また、一度妊娠した後、重ねて妊娠することが可能です。

 一回の妊娠で、3~5匹の子猫を生むので、年に2回発情すると1年に6~10匹の子猫を生むことになります。