猫の飼い方
リニューアルいたしました。

予防接種の正体

 はじめて病院のお世話になるのは健康診断。そして、生後二ヶ月ぐらいになると、予防接種の必要性ができます。
 実際の予防接種の時期はホームドクターに判断してもらうのが一番ですが、子供のころにきちんと予防接種をして、後は1年ごとに追加接種でまかなえるようになります。

 インフルエンザなどで割と身近な予防接種ですが、意外に曖昧に捉えている場合が多いようです(私もそうでした)。ですので、ここでは改めて予防接種の正体を明快にしておきたいと思います。

 予防接種とは猫の場合も人間と同じです。ワクチンを注射して免疫抗体を体の中に作るためにするものです。

 ワクチンとは病原性を失わせた病原体、もしくはその一部のことで、伝染病を防ぐために開発されたものです。本当の病原体に変わり体内に入り、免疫抗体を作らせます。これにより本物の病原体が体内に入ってきたときに、免疫抗体が働いて病気を発症しなくなる(あるいは軽い症状で済む)事になります。

 猫の場合予防接種として使われるワクチンは5種で、一般的には3種の方が多いかもしれません。

 予防接種にはまれに副作用があり、発熱・痛み・元気がなくなる等の症状が出ます。また、アナフィラキシーショックという急激なショック症状を発症する場合があります。予防接種当日は医師の指示を良く聞いて、運動などを避け、家でおとなしくさせよく観察してあげましょう。

ワクチンの種類
3種
○猫汎白血球減少症(猫ジステンバー)
○猫ウィルス性鼻気管炎
○猫カリシウィルス感染症

5種
上記3種に加えて
○猫クラミジア症
○猫白血病ウィルス感染症