猫の飼い方
リニューアルいたしました。

予防接種で予防できる病気

○猫汎白血球減少症(猫ジステンバー)
 白血球が極端に少なくなる伝染病。
 子猫がかかると死亡率が90%になるので猫ジステンパーとも呼ばれています。
 突然元気がなくなり、嘔吐や下痢(血便の場合あり)、高熱を示します。妊娠中の母猫が感染すると流産等の危険があり、子猫に障害が出ることもあります。感染力がかなり強く、ウイルスはほこりとともに運ばれるので、室内飼いの猫でもかかることがあります。免疫のない同居猫はのきなみ感染してしまう可能性があります。

○猫ウィルス性鼻気管炎
 「猫インフルエンザ」「猫風邪」と言われています。呼吸器感染症です。
 くしゃみや咳などの風邪の症状を示します。涙や目やにもでます。重症になると食欲がなくなり肺炎などで死亡します。
 感染猫との接触により、鼻水やよだれから感染します。また空気中のほこりに運ばれたウイルスによってもうつることがあります。
 飼い主がほかの感染猫を触った手でさわることにより感染する場合もあります。治ってもウイルスを持ち続けてほかの猫への感染源となることもあります。

○猫カリシウィルス感染症
 猫ウィルス性鼻気管炎と同じように「猫風邪」と呼ばれる呼吸器感染症です。
くしゃみ、鼻汁など風邪の症状を示します。猫カリシウィルスが原因。進行すると舌や口にができ、食欲が落ちます。肺炎を起こすこともあります。感染猫との接触により感染するケースが多く、空気感染などの場合もあります。

○猫クラミジア症
 風邪の症状を示し、呼吸器と結膜がおかされる伝染病。くしゃみ、咳、結膜浮腫、目やにを伴うひどい結膜炎がおこります。肺炎を起こすこともある。

○猫白血病ウィルス感染症
 持続感染すると80%が3年以内に死亡するといわれています。リンパ肉腫、白血病、貧血、流産、腎臓病、免疫不全などを起こす伝染病です。病気に対する抵抗力(免疫)が弱まるため、いろいろな病気も併発しやすくなります。ウイルスをもった猫との軽い接触ではうつりませんが、排泄や、ウイルスが唾液にも含まれているので、猫同士でなめあったり、同じ食器をつかっても感染します。感染してから発病までの期間がたいへん長く、健康そうにみえる猫でも、ウイルスをもっていることがあります。