猫の飼い方
リニューアルいたしました。

食べちゃ駄目!(植物編 ア)


 猫が観葉植物の葉っぱをかじったりという話をよく耳にしますが、猫が口に入れてしまうと、中毒を起こしてしまうという植物が意外とたくさんあります。
 ここには載っていない植物でも危険なものがたくさんありますので、注意しましょう。

・アイビー
 嘔吐や下痢などの症状を起こすといわれています。

・アイリス
 嘔吐、腹部の痛み、下痢の症状を引き起こすといわれています。

・アサガオ
 幻覚症状を起こすといわれています。

・アザレア
 運動失調や嚥下困難、麻痺の症状を引き起こすといわれています。

・アジサイ
 青酸中毒を起こすといわれています。

・アマリリス
 皮膚や粘膜への刺激、嘔吐や下痢の症状を起こすといわれています。

・オシロイバナ
 球根をたべると、嘔吐、吐き気、昏睡、まひ症状を引き起こすといわれています。

・アヤメ
 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛の症状を引き起こすといわれています。

・アンズ
 種をたべると、呼吸困難、虚脱の症状を引き起こすといわれています。

・オニユリ
 嘔吐、下痢、、呼吸困難、全身麻痺の症状を引き起こすといわれています。

・カラー
 腹痛、嘔吐、下痢などの症状を起こすといわれています。

・キキョウ
 根を食べると、嘔吐や下痢の症状を起こすといわれています。

・月桂樹
 腹痛、嘔吐、下痢などの症状を起こすといわれています。

・ゴクラクチョウカ 嘔吐、下痢、腹痛などの症状を起こすといわれています。

・サクランボ
 呼吸困難、虚脱、けいれんの症状を引き起こすといわれています。

・サツキ
 嘔吐、視力障害、痙攣、昏睡の症状を引き起こすといわれています。

・シクラメン
 散瞳の危険があるといわれています。

・ジャスミン
 根を食べると胃腸の粘膜のただれ、けいれんや神経麻痺をおこすこともあるといわれています。

・ジンチョウゲ
 口の中に水疱や浮腫ができて、よだれがでたり、嘔吐や腹痛、血便などの症状をおこすこともあるといわれています。

・スイセン
 球根をたべると、嘔吐、吐き気、下痢や胃腸炎、心不全を起こすこともあるといわれています。

・スズラン
 心不全の危険があるといわれています。

・スパティフィラム
 嘔吐、口の中に炎症などの症状を引き起こすといわれています。


関連ページ
食べちゃ駄目!(肉・魚編)
食べちゃ駄目!(その他食品)
食べちゃ駄目!(植物編 タ)
食べちゃ駄目!(薬品等)
※ねこアイコンは猫目石wにて配布中!