猫の飼い方
リニューアルいたしました。

食べちゃ駄目!(植物編 タ)

 食べてはいけない植物の続きです

・タバコ
 よだれ、ふらつき、呼吸困難、虚脱の症状を引き起こすといわれています。

・チューリップ
 球根をたべると、嘔吐、吐き気、昏睡、まひ症状を引き起こすといわれています。

・チョウセンアサガオ
 けいれん、瞳孔の拡大、のどの乾きの症状を引き起こすといわれています。

・ディフェンバキア
 茎の液で、口の中がはれ、激痛をおこしたり、皮膚炎や結膜炎になることもあるといわれています。

・デージー
 皮膚炎の症状を引き起こすといわれています。

・トリカブト
 不整脈、吐き気、異常な興奮、昏睡の症状を引き起こすといわれています。

・ヒガンバナ
 球根をたべると皮膚のかぶれ、嘔吐、下痢、よだれがでる、神経麻痺などの症状を起こすといわれています。

・ヒヤシンス
 球根をたべると嘔吐の症状を起こすといわれています。

・ベコニア
 口、咽頭、食道の刺激、流涎、粘膜浮腫の症状を起こすといわれています。

・ポインセチア
 嘔吐・下痢といった消化管症状を示したり、皮膚病を発症する原因となったりする場合があるといわれています。

・ホオズキ
 血便、下痢、麻痺、呼吸困難の症状を引き起こすといわれています。

・ポトス
 嘔吐、血便、腹部の痛み、発熱、血圧低下、昏睡の症状を引き起こすといわれています。

・ニセアカシア
 口の中に痛みと腫れの症状を引き起こすといわれています。

・マーガレット
 皮膚炎の症状を引き起こすといわれています。

・ラッパスイセン
 球根をたべると、嘔吐、吐き気、昏睡、まひ症状を引き起こすといわれています。