猫の飼い方
リニューアルいたしました。

旅行?(お留守番編)

 猫を飼っていると、大変なのが外出。特に家族で旅行にでかけるときなど、家に残していくのは心配ですよね。だから、我が家ではいつでも一緒なのですが・・そうもいかない場合・・どうしたらいいんでしょう。

 方法はいくつかあるようです。

【留守番させる】

 猫は2日程度なら、ひとりでも大丈夫といわれています。もともと猫は、単独で行動する動物ですから。ただ、ちょっとした準備が必要です。

・食事
 日数分のごはん。猫は食べ過ぎることはないので、たくさんいれておいても平気。傷まないドライフードを。自動給餌器やタイマーのあるものを使うのも手です。

・水
 新鮮な水をたっぷり。安定の良いものを選び、こぼさないような工夫をしましょう。期間によっては複数設置の必要もあります。
 設置場所は餌箱から近からず、遠からず。近すぎるとドライフードが水の中に入り、水が傷みやすくなります。

・トイレ
 出かける前にトイレの清掃を。留守にする期間によってはいつもより数を増やすなどの対処も必要になります。段ボール箱を加工し、大きいビニール袋などで包み、猫砂を入れるだけでも短期間の使用には充分耐えられます。
 扉付きのトイレは念のためはずしておくと良いかもしれません。

・室温の管理

○夏
 室温が40度以上になると、脱水症状をおこしてしまいます。温度対策を考えずに、部屋をしめきったままでかけるのはやめましょう。
 場合によってはエアコンを入れっぱなしにする必要もあります。ただし、「部屋を冷やす」と言うよりも「部屋の温度を一定以上の温度にしない」というのが目的です。寒くなりすぎないように温度の設定を。寒さをしのげる場所も確保しましょう。
 扇風機は手を挟むおそれがあるのでおすすめしません。また、網戸などを利用し窓を開放する事もおすすめしません。猫が網戸を壊してしまい脱走するケースや、防犯上の問題も引き起こしかねません。

○冬
 猫は寒さに弱いのですが、ストーブ等の暖房器具は火事になるおそれがあるのでつけっぱなしは厳禁です。
 こたつは電源を入れない状態でも閉鎖空間なので寒さをしのげます。また猫が出入りできるぐらいの段ボール箱でもかなり暖かく過ごせます。段ボール箱に入り口を開けてあげて、その中にタオルや小さい毛布などを用意しておけば、簡単な猫小屋のできあがりです。最近は段ボールやスポンジで出来た猫小屋(ハウス、ベッド等の名称で販売されています)がありますので、そういうものを利用しても良いかもしれません。


・部屋の施錠など
 入って欲しくない部屋、危険な部屋などに補助錠などを利用して施錠するなど、猫の行動範囲を限定するようにしましょう。

・ゴミや部屋の片づけ
 いたずらしないように、きちんと危ないものは片づけておきましょう。
 怪我をしそうなものがないか、口に入れて危険なものはないか、目が届かない分きちんとしてからでかけましょう。特に紐状のものに気をつけてください。猫が誤って飲み込んでしまうケースがあります。

【預ける】

 専用のペットホテルや病院に預ける方法もあります。あらかじめ予約が必要です。
 猫は神経質なので、ストレスにならないような環境がきちんとつくられているか確認しておきましょう。
 清潔であるか、個室できちんと管理されているか・・・・きちんとチェックしてあげましょう。ただし、ケージ飼いになれていない子は個室に閉じこめる事自体相当なストレスになります。

 また、ペットシッターに預けるという方法もあります。
 いつも使い慣れている部屋で生活ができるので、安心なのですが、自分の家のカギを預けることになるので、信頼できる人を選びましょう。

 最後に、当然ですが「帰宅後は、たっぷり一緒に遊ぶ」を忘れずに。