猫の飼い方
リニューアルいたしました。

しつけのポイント

 どうしても「しつけ」はしなければならい事になりますが、当然「行動を抑制する」事になるわけですから、「しつけ=ストレス」になります。ですから「しつけの方法」によっては、とんでもないところに副作用が表れたりします。

・名前で怒らない。
 名前で怒られると、怒られているのか呼ばれているのかわからなくなります。猫の名前が「ミーちゃん」だとすると、「ミーちゃん!」としかってしまえば、「ミーちゃん」という言葉が「怒っているときの言葉」と理解してしまい、猫が自分の名前を嫌いになってしまいます。名前を呼ばれることが猫にとってストレスになり、「名前を呼んでもよってこない」「名前を呼んでも返事をしない」状況になり、コミュニケーションが取りづらくなります。

・現行犯で叱ること
 時間がたって叱っても猫は何を怒られているのかわかりません。例えば、お留守番をさせて帰ってきたら、猫が部屋をめちゃくちゃにしていた、そんな時でも猫が部屋を荒らしたのはもうずいぶん前かもしれません。帰ってきてしかってしまうと、「出かけると怒って帰ってくる」と理解してしまうかもしれません。

・根気よく繰り返す
 猫は「ただ自分のしたいように行動しているだけ」で、その結果が飼い主の好まない結果になっているわけです。つまり「猫に人間の都合を聞いてもらう」わけです。猫に人間と同じ「聞き分け」を望む事は無理です。そう考えれば「何度も繰り返し行うこと」になることは簡単に想像できると思います。根負けしないで。

・ある程度同じ方法で伝える
 同じことをやったのに叱ったり叱らなかったり、「だめ」「やめなさい」「こら」「いけません」など複数の怒り方をしたり。これは猫が混同するきっかけを与えているようなもの。一人で飼っている方は自分のルールをしっかり持つこと。家族で飼っている場合には、家族間でルールを決める方が猫に伝わりやすくなります。

・愛情をもって接すること
 暴力はふるわない。愛情をもって猫に接すること。そうは言っても瞬間的に「ついかっとなってしまう」というのも人情かもしれません。ですから、もしも体罰を与えるにしても「おしりなど比較的肉厚なところを平手で軽く」と心がけるようにしてください。猫の体は小さく、人間に比べて骨も細いのです。普段から猫とよく接して、信頼関係を築いておきましょう。

・「していけない」ではなく「嫌なことが起きる」が良いかも
 しつけは「してはいけない」と教えるよりも「これをするといやなことが起こる」と猫に思わせるのが効果的と言われています。
 具体的には、悪いことをしたときに手をたたき大きな音で驚かせたり、霧吹きで水をふきかけるなどをして驚かせると、「これをすると大きな音がしてびっくりする」「これをすると水が出てきていやな目に遭う」といった条件反射を利用したものです。