猫の飼い方
リニューアルいたしました。

ブラッシング

 ブラッシングが必要なのは長毛種とグルーミングを行わなくなった老猫です。
 つまり日本に数多く生息する短毛種はブラッシングを必要としていません。猫はきれい好きで、自分でグルーミングを行うので体毛のケアはそれで充分です。
 (ただし、長時間のグルーミングはアレルギーや怪我による皮膚のトラブルが考えられるので、頻繁になめている場所を良く確認してみてください。)

 しかしケアが十分とはいえ、やがて老猫になりブラッシングの必要性が出来てから始めるのでは、猫自身がブラッシングをいやがってしまい、トラブルの原因になってしまう事もあります。
 また、飼い主と猫のコミュニケーションとしてブラッシングは大切な役割を担いますので、短毛種の猫でも子猫の頃からブラッシングに慣れさせる事は大切といえましょう。

 はじめからブラッシングを好む子もいますが、極度にいやがる子もいます。
 いやがる子には、まずなでられる事に慣れてもらい、それに慣れたら軽く短時間ブラッシング、それに慣れたら少し長めにブラッシング、とゆっくりと慣れさせましょう。
 一気に慣れさせようとすれば、拒否反応でもっと嫌いになっていくだけです。