猫の飼い方
リニューアルいたしました。

まだある猫を迎える手段

○保健所から
 各地方自治体によって名称は異なる物の、保健所の関係施設に動物を処理する施設が存在します。ここに集められた動物は、飼い主が現れない場合処分される事になります。人間の被害にあった動物たちとも言えます。

○動物病院から
 動物病院でも里親を募集しているケースもあります。その個体に対する特徴の説明や、飼育に関するアドバイスを受ける事も出来る可能性があります。

○インターネット・ちらし・広告から
 動物愛護団体やボランティア、または個人が web や掲示板、ペットショップや公共の掲示板(役所や公民館など)で募集しているケースがあります。

○友人・知人から
子猫の生まれた友人から譲ってもらうなどのケース

○動物愛護団体から
 環境省_収容動物検索情報サイト

 いずれのケースも生後2ヶ月はたった子猫をもらってくるようにしましょう。保健所以外のケースは、それまでの環境(エサの種類や使用している猫砂など)を聞く事が出来るので、なるべく詳しく聞いておいて、同じような環境を用意するようにしましょう。

 また、「友人・知人」のケースを除き、引き取る為には何らかの証明や誓約書などが必要になるケースもあります。これは動物実験用に引き取ろうとする動物の捕獲業者との区別や、飼っていく上での本人の責任感を見える形で確認するためです。

 これは動物の飼育に関する問題が、大きな社会問題に発展することが多くなってきたという、昨今の社会情勢が反映されているのも事実です。
 里親に出す側としては「何らかの形で保証のようなものが欲しい」と考えるのも理解できます。快く応じてくださいね。
関連ページ
ペットショップから
ブリーダーから
※ねこアイコンは猫目石wにて配布中!